ヘルニアの治療

放射線や外科施術が中心であったがん治療に新しい治療法が加わっています。NK細胞療法はその一つで、負担が少ない治療です。

脳のトラブルをスムーズに完治に導きますサイバーナイフはこちらの外科で受けられる!深刻な症状を克服してみませんか?

輸液の吊りさがった点滴スタンド

ヘルニアは神経が圧迫され痛みを発症する症状です。この症状を改善させる方法として最近注目されているのがレーザーによる治療方法のPLDDです。このPLDDは針の穴程度の傷しか残らず体への負担も少なく、1泊2日程度の入院で済むことから早期の職場復帰も可能な手術です。しかし、椎間板を再生する手術ではなく、従来の手術と同じ結果が得られる手術のため、まずはブロック注射などを試すことが大切です。症状によってはブロック注射によって症状が改善する場合もあり、その場合にはこのPLDDも従来の手術も必要ありません。まずはブロック注射をして症状が改善できるのかを試し、この注射でも改善できない場合にはPLDDによる体への負担が少ない手術が効果的です。

このPLDDは保険が適用されないため治療費も高額になります。治療費は病院などにより様々ですが、20万円〜50万程度の費用がかかります。これに治療箇所が1箇所増えればプラス7万円〜12万円程度かかります。椎骨一箇所のみの費用なら20万円〜50万円となりますが、2箇所となれば7万円〜12万円程度、費用がプラスになるということです。また、最新の機器を使用していたり、ベテランの医師に頼むと高額になるケースもあります。このように、体への負担も少なく腰痛などでお悩みの方にとっては有効な手術なのですが、保険が適用されないためとても高額な手術になります。この手術を受ける際にはまずは病院選びをすることも大切です。