治療方法の選択

MRIのある部屋

潰瘍性大腸炎は特に若年層に多く発症し、育ち盛りの子供さんに多く発症することが多く一番の食べ盛りの時期に厳しい食事制限があります。主の治療法は、内服による治療と、食事制限を行いますが、最近では、新薬などの登場で、治療に関する選択肢が増えてきております。新薬でも、薬が効く方や効かない方もいらっしゃいますので、一概に新薬での治療がいいとは限りませんが、食事に気を付けていれば、治療への負担も軽減され普段と変わらぬ生活を送ることができます。その他には、外科的治療で、手術する方法もあります。

潰瘍性大腸炎は、活動期と安定期を繰り返していきます。なるべく悪化させないように、様々な面で注意をしたりします。風邪の季節になりますと、病気の再発が起きやすくなりますので、外出時にはマスクをしたり、手洗いうがいをしたりして、体調管理をしっかりと行います。また、ストレスも大きな要因となっておりまして、なるべくストレスをためないようにする必要があります。潰瘍性大腸炎の治療は、薬物療法と食事療法、心理療法などがありますが、これらの治療が難しくなった場合は、外科治療を行います。なるべく手術をしない方向で、最近では新薬が開発されまして、新薬の投与により生活の質が向上しまして、今まで以上に仕事に勉強に励まれる方が、多くなってきております。